鳥取県への移住を推進するイベントが、1月28、29日に、新橋にある『とっとり・おかやま館』で開催されました。


私も、鳥取の食について講演しました。


鳥取は、日本海の海の幸、大山を始め中国山地の山の幸など天然の食材に恵まれています。
また、農業も盛んで、砂丘地を利用したラッキョウや長芋など様々な野菜が栽培されています。
以外に知られていませんが、お米もびっくりするくらい美味しいです。
それに何と言っても人口が少ないのがいいですね。天然のものも、充分みんなに行き渡ることまが出来ます。
当日は私がレシピを提供して、鳥取の食材を使った料理の試食もありました。




砂丘でヨガをしている先生もいらして、ヨガの体験もありました


盛りだくさんのイベントでした。

2016年9月に祥伝社より発売される
『野菜とくだもののパワー
ファイトケミカルできれいになる本』

この本でカノウユミコが、朝ごはんを紹介しています。

今まで、料理教室の生徒さんと、イタリア、スペイン、韓国、台湾や、国内の各地を旅行してきました。


7回目となる今回は、ロシア。

【カノウユミコ先生と極東ロシア・ハバロフスクを訪ねて】
〜"ダーチャ"でオーガニック野菜の収穫とロシア家庭料理体験〜


8月に2泊3日で行ってきました。


「ダーチャ」とは、多くのロシア人が所有している菜園付きセカンドハウス。



車で30分くらいのところにあり、野菜や果物や花を育てています。



そこで頂いたピロシキ、素朴で美味しかったです。


ボルシチは、みんなで作りました。





その後行った市場のハチミツ専門店



八百屋さん


泊まったホテルも素敵でした。





ホテルでは、ピアノの生演奏も。

8月に24,25,26,27日の4日間、昭島市のアトリエで料理教室を開催しました。
今月のテーマは『夏野菜でランチ??』
メニューは
・オクラと万願寺唐辛子の納豆スパゲティ
・アラメと夏野菜のオリーブオイル煮
・かぼちゃとミニトマトのサラダ
・枝豆とごまのミニ塩パン
・ももと紅茶のマチェドニア

山陰で採れた珍しい海藻「アラメ」


このアラメを、夏野菜と一緒にイタリア風に煮た煮物が好評でした。

9月は料理教室はお休み。
次の料理教室は、10月12,13,14,15です。

岡山で開かれるイベントで料理を作ります。

山陰・岡山の「さしすせそ展」
〜酒と食の会〜
日時 平成28年9月11日 日曜日
時間 11時から日没まで
場所 axcis classic
岡山県岡山市北区田中134-105 参加費 無料







私の担当は、私の地元鳥取県。
鳥取県で作られた塩、酢、醤油、味噌を使って
・鳥取県のプレート
・鳥取県のご飯&味噌汁のセット
・三県合同のおつまみプレートの鳥取県のおつまみ
を作ります。

大好きなお酒に合う、鳥取県の伝統的な料理を入れた素敵な野菜プレートです。楽しみにしていてください。

2016年6月20日発売の雑誌『パンプキン』にカノウユミコの料理が掲載されています。



テーマは「野菜たっぷり夏の麺」



食欲が落ちる夏にぴったりの、夏野菜をたっぷり使った、簡単にできる麺料理を12品紹介しています。
夏の定番になりそうなヘルシーな麺料理ばかりです。

玉らっきょうの料理教室を開催します。



玉らっきょうは、市場にはほとんど出回っていない稀少品です。
身が締まり、繊維が細かく、シャキシャキと口の中で小気味よく響く歯触りの良さが特徴。臭みが少なく、風味もまろやかです。

今回紹介する玉らっきょうは、収穫に3年もかけ、低農薬で栽培した、まさに本物の玉らっきょう。
しかも掘り立ての新鮮な玉らっきょうを、その場で販売もしています。

カノウユミコによる、らっきょうの美味しい漬け方や、生らっきょう料理の料理講習もあります。

日時 平成28年7月25日月曜日
13:30〜15:30

会場 とっとり・おかやま新橋舘2階
〔新橋駅すぐ近く〕

定員 40名程度
定員になり次第締め切り

参加費 無料

お問合せ・申し込み
とっとり・おかやま新橋舘2階
観光・移住交流事務局
電話 03-3571-0092 fax03-6274-6135
電話受付時間10〜18時

今まで杉並区永福町で、カノウユミコの料理教室を開催していましたが、2016年6月に移転しました。

2016年7月からは、下記の場所で料理教室を開催します。

東京都昭島市郷地町1-17-7下条


詳しく行き方は、
・カノウユミコのホームページ
・カンホアの塩のホームページ
に掲載してあります。

今月のテーマは『春の精進料理』

今が旬のひじきとふき。
これを白和えにしました。


他にも、たけのこや桜の花など旬の食材を使って精進料理を教えています。

今月のテーマは
『早春の香りを楽しむ野菜プレート』

日一日と春らしくなっている今日この頃。お店には、春の山菜が少しずつ出回り始めています。

今回は、山ウドやふきのとうを使って、香りをいかしたベジタリアンハンバーグやスーブを作りました。

中でも好評だったのが、桜の花とご飯を入れたクイックブレッド。酵母やイーストを使わず、混ぜるだけで簡単に出来るパン。思い立ったらすぐ出来ます。
しかも噛みしめると、桜の花の香りとご飯の甘みが、口いっぱいに広がります。