参加者を募集しています


野菜料理研究家カノウユミコが、 『子供の野菜嫌い克服方法』について講演、さらに野菜嫌いを克服できる料理を2品教える料理教室も同時開催、試食もできます。

さらにウッドパーニングに絵を描くワークショップもあり、盛りだくさんのイベントです。

参加費は無料なので、ぜひ親子でいらしてください。

日時 2017年7月17日(月・祝)
場所 武蔵小杉

応募方法はこちらです。 https://vegetable0715.wordpress.com/

皆様の参加をお待ちしています。

2017年6月25日(第4日曜日)に、福島県いわき市にある自然食品店『善林庵』で料理教室を行いました。
だいたい1年に1〜2回のペースで行っていて、今回で7回目。



今回は、「人参づくし」のテーマで、人参を活かした料理5品を教えました。


参加者の皆さんにとても好評でした。
次回は、来年を予定しています。

2017年7月号の『料理通信』


この雑誌の「なんでもテイスティング講座」のページに、『もずく』をテイスティングしたコメントが載っています。

料理通信社から依頼されて会社に行くと、20種類近くのもずくがテーブルに並んでいました。
それを沖縄料理人の玉代勢さんと一緒に試食。


もともと海藻が大好きで、海藻のレシピ本もだしています。


たくさんのもずくを試食しましたが、それぞれ違っていて面白かったです。

今月のテーマは、『初夏の新じゃが料理』



この材料は、カノウユミコの農園で収穫した新じゃがやインゲンやハーブです。
このお野菜を使って、「新じゃがとハーブのアヒージョ」を作りました。



この他にも、フランスで人気のガトーインビジブルをベジタリアン仕様にアレンジしたものや、新じゃがの冷やし中華など全部で5品教えました。

料理教室では、カノウユミコの農園のお野菜やハーブも販売しています。
次回の料理教室は、7月19〜22日です。

小学館の学習絵本『めばえ』の7月号(平成29年6月1日発売)


この雑誌の付録and


ここに、『夏野菜の抗酸化レシピ』を紹介しました。


トマトやピーマン、ナス、ズッキーニなどカラフルな夏野菜をたっぷり使った親子で楽しめる料理です。

・夏野菜のラタトゥイユ
・トマトつゆの冷やしそうめん
・ピーマンの餃子
・ピーマンの丸煮
・ズッキーニのハンバーグ
・オクラのカレー天ぷら
・かぼちゃとインゲンのサンドイッチ
・ナスの手毬寿司
・ミニトマトのオレンジ風味マリネ

子供は元気に、親は綺麗でパワフルになれるレシピばかりです。
この料理を作って、暑い夏を乗り切りましょう。

今月の料理教室のテーマは「新たまねぎ」

カノウユミコが育てているカノウ農園の新たまねぎを使って、五品教えました。


玉ねぎ嫌いの人も料理教室に来ていましたが、全部完食していました。

一番の人気は、新玉ねぎチャンプルー。
ゴーヤの代わりに新玉ねぎを使ったチャンプルーで、いくらでも食べれると好評でした。

今回は、新玉ねぎ以外は、「夢農家」さんの野菜を使って料理しました。

「夢農家」さんは、美味しい食べ物を安心して食べることができ、日本中の子供たちが元気にすくすく育っていってもらえる。それをテーマにしたショッピングモールです。
https://www.yume-boils.co.jp/

今回は、ブロッコリーやフキを使いましたが、どれも美味しかったです。
興味がありましたら、ホームページをのぞいてみてください。

今が旬の「ニラ」

今月の料理教室では、ニラをたっぷり使った料理を紹介しました。

ニラは傷みやすいので、買ってきたら『ニラのオイル漬け』を作りましょう!


刻んだニラに、オリーブオイルと塩麹を加えたものです。

これを使って、ジャガイモを炒めたり、スパゲティを和えたりとバジルペーストみたいに使えます。

今回の料理教室では、『ニラしょうゆ』も作り、計五品教えました。



料理教室にいらした方は、ニラを見直したと大満足でした。

鳥取県への移住を推進するイベントが、1月28、29日に、新橋にある『とっとり・おかやま館』で開催されました。


私も、鳥取の食について講演しました。


鳥取は、日本海の海の幸、大山を始め中国山地の山の幸など天然の食材に恵まれています。
また、農業も盛んで、砂丘地を利用したラッキョウや長芋など様々な野菜が栽培されています。
以外に知られていませんが、お米もびっくりするくらい美味しいです。
それに何と言っても人口が少ないのがいいですね。天然のものも、充分みんなに行き渡ることまが出来ます。
当日は私がレシピを提供して、鳥取の食材を使った料理の試食もありました。




砂丘でヨガをしている先生もいらして、ヨガの体験もありました


盛りだくさんのイベントでした。

2016年9月に祥伝社より発売される
『野菜とくだもののパワー
ファイトケミカルできれいになる本』

この本でカノウユミコが、朝ごはんを紹介しています。

今まで、料理教室の生徒さんと、イタリア、スペイン、韓国、台湾や、国内の各地を旅行してきました。


7回目となる今回は、ロシア。

【カノウユミコ先生と極東ロシア・ハバロフスクを訪ねて】
〜"ダーチャ"でオーガニック野菜の収穫とロシア家庭料理体験〜


8月に2泊3日で行ってきました。


「ダーチャ」とは、多くのロシア人が所有している菜園付きセカンドハウス。



車で30分くらいのところにあり、野菜や果物や花を育てています。



そこで頂いたピロシキ、素朴で美味しかったです。


ボルシチは、みんなで作りました。





その後行った市場のハチミツ専門店



八百屋さん


泊まったホテルも素敵でした。





ホテルでは、ピアノの生演奏も。