毎年、料理教室の生徒さん等と食の旅に行ってます。もちろん肉なし?

今まで、イタリアやスペイン、韓国、山形や北海道へ。

今年は、12月に2泊3日で、素食(台湾ベジタリアン料理)を食べに、台湾を旅しました。




台湾到着後、自然農法や自生しているお茶を使っている茶芸館「回留」へ。



花と果実のような甘い深い香りのお茶をいただきました。



自然素材を使った茶菓子も、やさしい味わいでとっても美味しかったです。



夕食は、化学調味料を使っていない素食の名店「衆流素食」へ。



class="pict">

「台湾ガガブタの炒め物」がお気に入り



2日目は、 ベジタリアン料理のレッスンの後、油化街やオーガニックスーパーマーケットでお買い物。

夕食は素食五つ星レストランと言われる「蓮香齋」で、ベジタリアンのビュッフェを食べました。
200種類以上の料理があり、ベジタリアンのアミューズメントパークのようで大興奮!




これも植物性。食べても、やっぱりお刺身のようで…。





3日目は、故宮博物館を見学後、帰国。

台湾の素食を堪能できた充実した旅でした。

将来、ミツバチを飼ってみたいと思っています。

なので、今勉強中。

先週末、銀座のビルの屋上で、ミツバチを飼われている「銀パチ」の方の話を聞きに行きました。



ミツバチ、とっても可愛いかったです。

今月のテーマは、『発酵食品でヘルシー韓国野菜料理』です。

写真は、今回の料理教室で作った「納豆チゲ」


以前韓国に行った時に、韓国の料理研究家の友達に連れて行ってもらった納豆チゲの専門店の味が忘れられず、塩麹を使って、私なりにアレンジしてみました。

冬に向けて、これからの季節にぴったりのメニューです。

秋の夜長に、ワインを傾けながら、美味しいおつまみが食べたいですよね。

今回の料理教室は、里芋を使って、ワインに合うおつまみを教えています。

全部、里芋を使ったとは思えないおしゃれなメニューです。


2年前から私の故郷、鳥取県北栄町の『ふるさと大使』をしています。

北栄町は、農業の町。特に、スイカや、らっきょ、長芋が有名で、毎年、夏には、「すいか・ながいもマラソン大会」が盛大に開かれています。

今回は、合併10周年ということで、式典に出席してきました。

以前、精進懐石のお店をしていた時に使っていた、大好きな作家さんの器の個展を見に日本橋へ。

奈良在住の作家、松元先生の器は、使いやすく、なにを盛っても素敵!

「 埴のうつわ 松元洋一展 」
丸善日本橋店 3階ギャラリー
9月 30日 〜 10月 6日まで開催

東都生協さんは、こだわりの野菜が気に入って20年以上愛用しています。
そこの広告を、2年前から担当。
今日も、半分に切った時、ハートの形がかわいい、「九重栗かぼちゃ」を使った料理の撮影をしました。


今月のテーマは、「さつまいもで精進料理」
さつまいもを、美味しくおかずにするポイントを教えています。

食べるものだけでなく、身につけるものも、カラダにいいものにしたいですね。

以前から、下着は100%自然素材のものにしていましたが、さらに進化してリネン素材の「ふんどし」にしてみました。

これが、とっても気持ちよくて、やみつきになる心地よさです。
締め付け感がまったくなくて、全身の血行もよくなり、体も心も軽やかで、スキップしたい気持ちになります。

最近はおしゃれな女子用のふんどしもあるようです。
http://sharefun.jp/
http://aifun.ocnk.net/

少し抵抗のある方には、はくタイプのものもあります。
https://qilin-underwear.stores.jp/#!/

家族全員で、ぜひお試しください♪


エッセイ本が刷り上がって、送られて来た!


自分のエッセイを出版出来るなんて、本当に夢のようだ。

料理レシピがついているので、ありがちな、料理にまつわる料理研究家のエッセイだと思われそうだが、ちょっと違う。

命にまつわるもの、見えない世界、宇宙の話など

内容は多岐にわたり、料理レシピも「えっ!」と驚くものや、想像出来ないものもあり、かなりユニークな本になっている。

きっとこの本を読んだ人は
読む前と後では人生が少し変わるはず。

そのくらい、私が得た、たくさんの学びを封じ込めている。

料理を作らない人も、料理に興味がない人も
面白く読んでもらえると思う。

このブログで、裏話を少しづつ書いていきたい。